汐と河と

    ( ゚∀゚)o彡゚じゅうしゃ!

     

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    報告まとめその2 

    前回のの記事と前後しますが、2月下旬にいーんちょ氏と大宮の鉄道博物館に行ってきました。

    一回行ったことあるんですが、今回は開館~閉館までじっくりと張り付き、さらにいろいろと課金してみました。その中でも特に気に入ったのが「蒸気運転シュミレータ」

    s_写真 21
    乗務中のいーんちょ氏

    機械いじりが好きな理系としては、さまざまな入力装置を弄ったら動き出す(ように感じる)のがとっても心にきました。運転はとても難しく、慣れてない私などしばしば空転を起こしてしまいましたが、BVEなどで普通の電車の運転シュミレータに慣れている同行人ははじめてにも関わらず、かなり上手かったです。ちなみにこいつが楽しすぎてケチな私が追加課金(500円)してしまいました。一人だと絶対にこうはいかないので、きっかけをくれる氏にとても感謝。

    あと蒸気機関のことをもっとよく知りたいので、ボイラー技士の資格を取ろうかなーという気になりました。



    category: 地理とか鉄道とか東海道とか

    報告まとめその1 

    2/21に自分が企画した海浜幕張巡検が実施されました。

    これは街全体でデザインを統一し、欧州風の街路型住宅都市を標榜して建設が進められてきた幕張ベイタウンを中心として、昨年12月にオープンしたばかりのイオンモール幕張新都心(幕張に本社を置くイオングループが総力を結集してつくった、関東三番手の規模のショッピングモール)や連節バス導入の嚆矢ともいえる京成バス新都心営業所幕01系統などを見学するものでした。
    140221-2.jpg



    2/28からは北陸経由で名古屋へ向かいました。

    越後湯沢連絡のはくたかルートも余命わずかとなり、18きっぷ期間外で折角普通乗車券を買うのだからということで、新幹線+特急に久しぶりに乗車しました。それによって金沢での滞在時間を確保。金沢城址や兼六園などを見学しましたが…シーズンが悪かったですね。金沢→名古屋はひたすら鈍行で移動。途中敦賀で平和堂に寄ったりしながら、特急街道を満喫しました。

    3/1から3日までは「ダムと土砂と海」という集中講義に参加しました。
    1日目は演習林内に設置された砂防ダムに堆積した砂の量を測定、測量に使う箱尺などで標高を測り、前回からの相対値で堆積した砂の量がわかりました。その後、ひたすら砂を下流に放出する労働を行い、また砂の量を測ることで、砂のスケール感覚を養いました。


    その日の夜は自由参加で演習林内を歩く企画に参加。もともと禿山だった瀬戸演習林の植生・土壌の回復にはまだまだ時間がかかるようでした…
    2日目は静岡県へ移動し、佐久間ダムなどを見学します。本来ならすべてバスでの移動になるところが、折からの大雪で道路が通れなくなったために、急遽飯田線で水窪ー大嵐間をワープし、大嵐駅から徒歩で旧富山村(本州でもっとも小さな自治体だった)の集落を抜けて佐久間ダム湖の河原へと移動しました。秘境駅とよばれる大嵐をこんな形で利用することになるとは思いもしませんでした…
    佐久間ダムでは時間がなかったのでダムの上を歩くだけにとどまり、その後秋葉ダムの横を通りながら天竜川漁協へ向かってお話をききました。その日の夜は浜名湖の入り口、弁天島にある水産実験所で宿泊しました。
    3日目は朝から水産実験所を見学し、その後舞浜漁港を見学、最後に中田島砂丘へ移動して、佐久間ダムなどの天竜川水系に建設されたダムによって土砂の移動が阻害された結果、大きく侵食を受け海岸線が後退したことを確認しました。

    s_写真 16


    浜松解散後、橋上化で危機に瀕していると思われた東岡崎のバスターミナルを見に行きましたが、おそらく橋上化後も現在の頭端式ターミナルが維持されそうです。日本でも数少ない稀少なバスターミナルですので、ぜひご見学あれ。


    s_写真 17

    category: 地理とか鉄道とか東海道とか

    報告 

    まぁ後ほど詳しくしますが
    2/28~3/3:金沢観光、ダムと土砂と海
    3/4:非公式京都巡検
    3/7:あるじとけとと京都めぐり
    3/8:大阪市バスのりのり
    3/10:雪の北大阪ネオポリス&茨木台へ。
    3/11:大阪都心巡検
    3/12~15:春合宿@紀勢
    3/18:宮様、紫水とぶらぶら@富木
    3/21:京都バスのりのり、あるじと会う
    3/22:鈍行で東行
    3/23:百合ヶ丘巡検
    3/26:山手線ゲーム(地理)

    category: 地理とか鉄道とか東海道とか

    年初報告 

    冬休みは非常に有意義な期間となりましたが、勉強が…

    とにかく、行ってみたところとその感想をば


    ・12/21 イルミネーション巡検
    原宿から表参道、東京ミッドタウン、六本木ヒルズまでを夜に歩くという企画。
    人が多かったですね。

    ・12/23 続浦安巡検
    液状化が発生した浦安のその後を見る巡検。
    埋立地らしい景観

    ・12/26-27 冬合宿
    大日影トンネル、身延山、富士宮、三保の松原を訪問。
    身延山にあるえげつない階段で体力を消耗して、体調不良に陥る。回復には数日を要した模様。

    ・12/28 ピエリ巡検
    先輩とピエリ守山・松井山手の兄弟のような存在である小野のびわこローズタウン・古くからの湖西の要所である堅田を訪問する。
    比良おろしが吹き付けてめちゃくちゃ寒く、巡検直後に雪が降ってくる
    ピエリ守山なんもなさすぎて退屈

    ・12/29 北摂巡検
    先輩と茨木台・北大阪ネオポリスを訪問する予定だったが、長岡京グモによって集合時間に間に合わず、茨木台に行けなかった。
    阪急バス北大阪ネオポリス線は非常に楽しい路線なので、一乗の価値あり。
    北大阪ネオポリスは非常に綺麗な住宅街で、不便であることを除けばすみやすそうだった。ペットがたくさんいた。
    千里中央は昭和のニュータウンであるにもかかわらず、無機質でない独特な味わいがあり、中心性も高い街で、流石は住みたいまちで首位を守り続けているだけのことはあるなぁといった感じ。滅茶苦茶便利だし…
    北急千里中央駅のデザインがとてもいい。

    ・12/30-1/2 北海道夕張でスキー
    夕張はこれが本当に市なのかと疑うほどになんもなかった。
    新千歳空港は期待したほどではなかった

    ・1/3 八木の母の実家を訪問
    「文化住宅」をはじめて知る。

    ・1/5 西区・大正区ぶらり
    西長堀アパート…高層公団住宅の試金石となった建物で、東京のやつは現存しないが、こちらはまだ現役。
    汐見橋駅…内装がきれいになってた
    大阪ドームシティ…イオンモールはにぎわっていた。
    大正通バスシステム…バスレーンとテラス型バス停は非常によく機能しているようです。急行バスが走る平日の朝夕に再訪問したい。

    ・1/6 Uターン&名古屋プチ巡検
    東京に戻る途上で3時間ほど途中下車して、合流する同期に名古屋を紹介してもらう。
    基幹2号は日本でも類を見ない中央走行式バスレーンで、非常に楽しかった。
    他、栄のバスターミナル、名鉄バスセンター、100m道路などを見学。
    栄の活気を見ると、大阪も負けてられないと思う。

    御殿場線経由で東京入り。





    category: 地理とか鉄道とか東海道とか

    久々に 

    忙しい間にネタが溜まっていたので

    ・銭湯すごい

    chickenが来東したので、一緒に銭湯に行きました。夏の間は普通の風呂だなぐらいにしか思わなかったんですが、寒い夜には効果が絶大過ぎて、上がってから15分くらいロビーでノビてました。

    暖かめな暖房の中ソファでぐでーっとしてると、すべてのことを忘れて、昇天しそうになります…っていうかこのままずっとこの状態でいれたらいいのにー

    たとえ一日の1/72でも、未来に対する不安などをすべて消し去れるのは、450円の価値があると思います。


    ・一輪車
    ある朝、巡検に出かけるために歩いてたら、一輪車で移動してる人がいました。もちろん子供の遊具みたいなやつじゃなくて、雑技団とかが使いそうなアレです。

    運転中も両手が空いてるので、器用に長い髪をいじりながら走り去っていく後姿がとってもかっこよかったです…


    ・玉川上水巡検企画実施
    はじめて企画した巡検です。

    区間は羽村~東大和市の18km。羽村に9時という早い集合時間(新宿換算8時)にも関わらず10人弱も来てくれました。感謝。

    当日は快晴の暖かい小春日和で、富士山も遠くに見渡せました。
    s_蜀咏悄 5


    羽村駅の駅前にまいまいず井戸という井戸があります。これは掘削技術が未発達だった時代に、螺旋状に穴を掘って深さを稼ぐための工夫のようです。まいまいずはカタツムリの意。
    s_蜀咏悄 1
    ↓これは羽村市郷土資料館に置かれていた模型
    s_蜀咏悄 4

    羽村取水堰を訪問。投渡堰という特殊な堰き止め方法を江戸時代から踏襲している。
    s_蜀咏悄 3

    ここが玉川上水の起点です。
    s_蜀咏悄 2

    沿岸は樹が生い茂ります
    s_蜀咏悄 6
    s_蜀咏悄 7

    ↓小平監視所下流方にある、上水小橋にて。ここで玉川上水は上水道としての役割を終え、下水処理水が代わりに放流されている。この地点ははっきりいって下水臭い。
    s_蜀咏悄 8

    ↓最後はゴミ処理場廃熱を利用した足湯で疲れをいやして、東大和市駅で解散となりました。
    s_蜀咏悄 9





    category: 地理とか鉄道とか東海道とか

    プロフィール

    最新記事

    カウンター

    カテゴリ

    カレンダー

    全記事表示リンク

    Tree-LINK

    最新コメント

    ブロとも一覧

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。